柴犬わーるど・柴犬のすべて > 柴犬のしつけ(飼い方) > 散歩のとき引っ張る犬

散歩のとき引っ張る犬

恐らく、そういう場合は、あちらこちらにマーキングをして
歩いていることだと思います。
そうすることによって、ますます、自分がリーダーだ!
という気持ちを強めていくことになります。

散歩の時、リードを弛みがないくらいに引っ張っていませんか?
それでは、犬も引っ張り返そうとします。

まず、リードはたるませておくようにします。
そして、飼い主が先に歩きます。
それでも、犬がリードを引っ張ってどんどん歩いていこうと
するときは、リードがたるむくらい犬に近づいて、
たるんだところで、飼い主が方向転換をします。
そのとき、犬の方を見ないようにします。
それでも、負けずに犬は先に行こうとします。
すると、またリードをたるませて繰り返します。

こうしているうちに、人の前を歩かないようになります。

引っ張って歩く犬は、自分がリーダーだと思ってしまうという
だけでなく、周りの人が、恐怖を感じます。
中には犬が嫌いな人や、小さな子供、など、
こちらに向ってくる体勢の犬は怖いものです。
怖がられる犬になってしまう愛犬の方も不幸ですし、
飼い主のあなたもそうです。

最初が肝心です。
初めて散歩に出るときは、家の中で、
リードをつけて歩く練習をすることをおすすめします。

無料メールマガジン「愛犬との暮らしが30倍楽しくなる方法」
意外と知られていない犬の生態から、育て方、しつけや健康管理、仔犬まで情報満載。少し知るだけで、こんなにも違う愛犬との暮らしを実感していただきたいと思います。我が家の愛犬柴犬との暮らしも紹介。 (マガジンID:0000179536)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.17-ja Br@ve.