柴犬わーるど・柴犬のすべて > 健康管理<2>
柴犬のこんな症状に要注意!

老齢犬との暮らし

犬の老齢期はだいたい10歳くらいからを言います。
犬の「痴呆」が最近増加してきているといわれています。
柴犬は、比較的「痴呆」の発症しやすい犬種なのです。
→

犬も仮病を使う?!

人間と同じように犬も仮病を使うことがあるそうです。
たとえば、あまりエサを食べなかった時に、大好きなものを
与えてもらったとか、優しくしてもらった・・・などの
経験がある犬は、わざとエサを食べなかったり・・・
→

犬とタバコ

犬にもタバコが悪影響だってこと、意識していますか?
自分の子供の前では絶対に吸わないけど、
なぜか、愛犬の前では平気でタバコを吸っている飼い主さんを
よく見かけます。
犬だって、肺で呼吸をしています。
→

発情期って?

犬の発情期は生後6ヶ月〜8ヶ月ぐらいに始まります。
その後は個体によりますが、だいたい6ヶ月間隔になります。
これは、犬によって間隔には差があります。出産後、3ヶ月で次の
発情期がやってくる犬もいれば、1年近くないものもいます。
→

よい動物病院の選び方

あなたの愛犬のかかりつけの獣医さんは
決まっていますか?
どうやってかかりつけの獣医さんを選べばよいか
独断と偏見ですが紹介いたします。
→

柴犬は太りやすい?!

柴犬は太りやすい。
なぜでしょう?
それは、性格がとても頑固だからです。
好き嫌いが出やすく、好きなものが出るまで何も食べない
すると、飼い主が心配して、好きなものを与えてしまう・・・
なんと、この繰り返しで太ってしまう柴犬が多いらしい?!
→

オシッコをチェックしましょう

犬の健康状態はオシッコに現れている場合があります。 日ごろから、オシッコの色、頻度、量などに注意しておきましょう。
→

おしりをこすって歩く

愛犬が、おしりを床にこすりつけながら歩くことありませんか?
また、尻尾を追いかけるようにぐるぐる回ったり、肛門のあたりを
なめたり噛んだりといつも気にしているような様子はないですか?
おしりで何かが起こっています・・・
→

嘔吐した

犬はよく草などを食べて胃液を吐くことがあります。
これは正常な行動です。
こういうときは胃の中に毛球ができていたり、軽度の胃酸過多の状態に
あることが多いです。 心配な嘔吐について・・・
→

急に倒れた!

突然倒れるというのは、とても深刻な状況です。
心臓や呼吸が止まっている場合は緊急事態です。
応急処置を知っておくといざと言う時に安心です。
→

目やにがでる

朝、目やにがついていたり、常に涙目になっているとき
そんな時は、下まぶたを下げてみましょう。
内側が真っ赤になっていたら結膜炎です。
他には・・・・
→

耳を掻く・頭を振る

耳をしきりに掻いたり、頭を振ったりし出したら、
耳の病気を疑ってください。
次にあげる耳の病気が考えられます。
→
無料メールマガジン「愛犬との暮らしが30倍楽しくなる方法」
意外と知られていない犬の生態から、育て方、しつけや健康管理、仔犬まで情報満載。少し知るだけで、こんなにも違う愛犬との暮らしを実感していただきたいと思います。我が家の愛犬柴犬との暮らしも紹介。 (マガジンID:0000179536)
メールアドレス:
Powered by